マンションでの防犯対策を、詳しく丁寧に解説するサイト『マンションセキュリティー講座』

●●●防犯設備●●●

【防犯カメラ】

防犯目的のために設置されるテレビカメラです。
コンビニエンスストアや銀行のATMにも必ず設置してあります。
最近は一般的な設備となり、珍しいものでもなくなりつつあります。
普通のマンションでは、エントランスホールやエレベーター内だけに設置されていることが
多いようですが、ハイグレードになればカメラの数は多くなる傾向があります。
警備の死角になりそうなマンションの外溝部分や駐車場、ゴミ置き場にも設置されている
マンションもあります。
防犯カメラはただ設置されているだけでは侵入者に対する威嚇の意味合いしか持ちません。
それをモニタリングされることで初めて意味を為しますので、24時間モニタリングされて
いる事が理想です。

【鍵】

住戸の玄関ドアは、セキュリティの最後の砦となる場所です。
従って鍵の果たす役割は非常に高いものがあります。
最近では社会問題にもなっているピッキング等の被害を防ぐために、この数年で鍵の形態は
格段の進歩を遂げています。
最近の主流は、ディンプルキーとダブルロックがあります。
ディンプルキーとは、小さな穴がたくさんあいている形状の鍵で、ピッキングに対して強い
耐性があるばかりでなく、複製も困難と言われています。
カードキーもピッキングに強く、磁気でできているので複製が難しいです。
また最近では、テンキー式電気錠を採用している物件や、指紋照合システムを採用する物件
なども登場してきています。

【管理人】

セキュリティーの強固なマンションには、管理人の居る物件が少なくありません。
入居者に対して様々な付加サービスを提供するとともに、防犯という点においても管理人の
存在は大きな役割を果たしています。
管理人の居るエントランスホールは最も外部に近く、侵入者の入ってきやすい場所です。
その場所を人の目で監視するというのは、防犯上非常に大きな意味があります。