マンションでの防犯対策を、詳しく丁寧に解説するサイト『マンションセキュリティー講座』

●●●オートロック●●●

【オートロックシステム】

説明する必要のないほど、今では普通のマンションにも設置されることの多いオートロック
ですが、ハイグレードマンションの中にはさらに厳重なオートロックシステムを採用している
物件もあります。

【扉に2つ】

通常、マンションのエントランスには扉が2つあります。
1つ目は外部からマンションに入る際の扉で、これを開けるとエントランスホールと呼ばれる
郵便受けなどがあるスペースに入ります。
2つ目の扉は、このエントランスホールからさらにマンション内部に入る際の扉で、通常は
この2番目の扉にのみオートロックが設置されています。
しかしダブルオートロックの物件は、最初の扉にもオートロックが設置されているのです。
従って、郵便配達といえどもインターホンで住戸を呼び出すか、フロントを呼び出して開錠
してもらわなければ中に入ることはできません。
これにより、郵便受けを荒らされたりいらないチラシを撒かれることを防いでくれます。

【エレベーターホール】

エントランスのオートロックの他に、フロアのエレベーターホールにもオートロックを設置
している物件もあります。
万が一侵入者がエントランスのオートロックを通過できたとしても、住戸のある各フロアで
足止めを食うことになり、住戸の玄関までたどり着くことはできません。
ただしこれは、住人も気をつけなければなりません。
ちょっと1階のロビーまで、と鍵を持たずに部屋を出ると自分も戻れなくなってしまうので
注意が必要です。

【エレベーター】

これは新しいシステムなのですが、エントランスのオートロックの他に、エレベーターにも
オートロックを採用している物件があります。
キーがなければエレベーターを動かすことができないようになっています。
来訪者があった場合は、エントランスのオートロックをインターホンで開錠した際、連動して
手動でエレベーターを動かすことができるようになっています。