マンションでの防犯対策を、詳しく丁寧に解説するサイト『マンションセキュリティー講座』

●●●防犯意識●●●

【マンション 】

マンションに住む人が求めるのは、利便性そして快適な居住空間、最近ではこれに加えて、
安心して暮らせるよう、防犯設備の充実した物件を望む声も多くあります。
鍵もかけずに窓を開けたまま寝られるという時代は、遠い昔になりつつあります。
隣近所にどんな人が住んでいるのかも分からない、住人同士のコミュニケーションが難しく
なってきた現在では、自分の身は自分で守るしかないのです。
そんな声に応え、セキュリティ対策に力を入れている物件も数多く出ています。
そのような物件は管理体制が整っている分、管理費も高い傾向にあります。
安全もお金で買う時代、多少の出費は覚悟しないといけないのかもしれません。

【入居者の防犯意識】

空き巣などの侵入手段はますます多様化しており、セキュリティマンションに入居しても
100%安心というわけではありません。
入居している人それぞれが防犯意識を高め、それぞれが監視の役割を担う事で、マンション
全体のセキュリティをより高め、より安心して生活をする事ができるのです。

【最低限必要な防犯対策】

基本的な防犯対策としては、共用部分では不審者がいないか常に気を配ることが重要です。
ゴミ捨て等、ほんの数分の外出でも部屋の鍵は必ず施錠する癖をつけましょう。
また、個人情報が記載されている郵便物を捨てる際は必ずシュレッターに掛けます。
来訪者に対しては、呼び鈴が鳴っても安易にオートロックを解錠しない、インターフォンで
相手を確認して不安な場合は、チェーンを掛けたまま対応しましょう。